エース(ACE) 電子タバコ クリーニング

エース電子タバコの味の変化が気になったら?クリーニング方法を解説

エース電子タバコの不具合を防ぐためにも、においを防ぐためにもエース電子タバコのクリーニングは重要です。

 

クリーニングときくと、面倒だな…、と思う人は多いと思いますが、3D加熱システムのおかげで簡単にクリーニングできるので安心してください。

 

また、3D加熱システムは汚れにくいという特徴もありますので、最悪クリーニングを忘れていても結構長く使えます。

 

もちろん、ちゃんとクリーニングするのが一番なんですが…。

 

どのくらいクリーニングをしなくてもいいのかというと、最大40本吸ってからでもOKです。アイコスと比べると2倍以上となっています。

 

余裕があれば20本くらいでメンテナンスするのがおすすめですが、面倒だという人は40本吸ったらクリーニングをするようにしましょう。

 

それでは、具体的にどうやってクリーニングをすればいいのかについてまとめてみたいと思います。

 

 

 

エース電子タバコはどうやってクリーニングすればいいの?3ステップで簡単!

エース電子タバコのクリーニングは3ステップで完了です。道具も綿棒とピンセットだけでいいので、大掛かりな準備は必要ありません。

 

クリーニングをするときに気を付けることは、エース電子タバコが熱を持っていない状態で行うということです。

 

吸った直後にクリーニングするのではなく、吸う前にクリーニングすることを徹底していればいいんですね。

 

 

ステップ1:振って汚れを落とそう

こびりついていない汚れは振るだけで落ちます。

 

振るのはエース電子タバコが熱を持っている時でも大丈夫なので、吸い終わったら毎回簡単な汚れやカスを振って落としておくように徹底しておきましょう。

 

常にある程度きれいな状態を保てますし、カスが落ちてくるのを防ぐこともできますね。

 

 

ステップ2:綿棒でカスを除去

 

綿棒を使って振るだけでは落ちてこないカスを取り除きます。この段階では落ちない汚れがあってもいいので、落とせる範囲の汚れを落としましょう。

 

汚れが落ちないからと綿棒を湿らせないようにしてください。エース電子タバコの故障に繋がってしまうので、エース電子タバコに水分は絶対ダメだと覚えておきましょう。

 

 

ステップ3:ピンセットで大きな汚れを落とす

塊などの大きい汚れをピンセットで落としてクリーニングは終わりです。この3ステップでエース電子タバコの汚れをしっかり落とすことができます。

 

ほとんどの汚れは振るだけで落ちるので、エース電子タバコのクリーニングに手間取ることはあまりないと思います。

 

 

こまめにクリーニングを

こまめにクリーニングをして汚れを落としてエース電子タバコをきれいに保っておくようにしましょう。

 

汚れが溜まったとしても、ブラシなどでクリーニングしてしまうと故障に繋がるので、柔らかい綿棒を使うように気を付けてください。

 

 

▼今だけ20%OFFのクーポンがもらえる!▼

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加